• 認知症を知ろう
  • 認知症とは

認知症とは

旧厚生省がまとめたデータによると、2000年時点で65歳以上の高齢者は総人口の17.4%を占め、そのうちの7%(約160万人)が認知症の患者にあたるそうです。総人口に占める高齢者の割合が年々増えていくのと同時に、認知症の患者数も増加し、2010年には約220万人、2020年には約300万人にまで増えることが予想されています。本格的な超高齢化社会を生きるにあたり、親あるいは自分自身の問題として「認知症」という病気について学ぶ必要がありそうです。

認知症ってどんな病気?

認知症とは脳が病的に障害され、一度獲得した知的能力が著しく低下した状態を意味します。その原因はさまざまで、頭蓋内の病気によるもの、身体の病気によるものなどがありますが、最も多いのは「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」です。中には原因となる病気を適切に治療することで認知症の症状が軽くなるものもあり、それらは全体の約1割を占めているとされています。

認知症の定義

認知症とは“脳や身体の疾患を原因として記憶・判断力などの障害が起こり、普通の社会生活が営めなくなった状態”と定義されています。

ページの先頭へ

「物忘れ」と「認知症」の違い

他人の名前を度忘れしたり、昼食に食べたものを思い出せなかったり・・・などのいわゆる「物忘れ」は記憶力や集中力、注意力の低下から起こります。つまり、単なる脳の老化が原因です。このような物忘れも確かに困ったことではありますが、病気によるものではありません。一方、認知症では人の名前どころか、その人の存在さえも分からなくなってしまいます。今日のお昼に何を食べたのかはもちろんのこと、お昼ごはんを食べたか食べていないかさえも思い出せなくなってしまうのです。

 

物忘れ

認知症

物忘れの範囲

体験の一部分を忘れる

体験したことの全体を忘れる

自覚症状

物忘れを自覚している

物忘れの自覚が乏しい

日常生活

日常生活に支障はない

日常生活に支障をきたす

進行具合

極めて少しずつしか進行しない

進行性である

その他の症状

人の名前が思い出せない、度忘れが目立つなど、記憶障害のみがみられる

記憶障害に加えて、実行機能障害や見当識障害、判断力の低下がみられる

ページの先頭へ

働き盛りに忍び寄る「認知症」

認知症は高齢者特有の病気・・・と誤解している人も多いようですが、実は働き盛りの年代でも認知症になることがあります。それが「若年性認知症」と呼ばれるもので、18〜64歳という比較的若い年代にみられる認知症の総称です。旧厚生省の研究によれば、患者数は推計27,000〜35,000人、現実にはその3倍以上にも及ぶとされています。もし、一家の大黒柱であるはずの人が認知症になってしまったら・・・やはり経済的および精神的負担は否めません。高齢者と違って、若いだけに体力もあるので、介護する側も相当なエネルギーを消費してしまいます。また、今のところ専門施設や情報の不足も深刻です。とはいっても、少しずつではありますが、助け合いの輪が生まれつつあります。自分たちだけで抱え込まず、いざという時はSOSを発しましょう。また、介護する側も息抜きを忘れずに

ページの先頭へ
認知症を知ろう!
認知症の家族を介護しよう!
認知症に関するQ&A
脳の元気度チェック

認知症の発症・悪化に影響を与える「歯周病」 専門的な治療を望むなら、歯周病専門がいる山手グリーン歯科医院