• 認知症を知ろう
  • 認知症の検査と診断

認知症の検査と診断

認知症かも知れない・・・と思ったら、まずは病院を受診します。では、一体どのような検査が待ち構えているのでしょう? このページでは、認知症の検査と診断について詳しくご説明いたします。

認知症の検査

認知症は本人や家族への問診、知能テスト、画像診断、血液検査などの結果を総合的にみて、診断が下されます。問診では、まず患者の状態を身近でみている家族から情報を得た上で、その結果をもとに本人から話を聞くのが一般的です。そのため、家族はいつ頃からどんな症状が出始めた・・・などを整理しておくといいでしょう。また、本人の診察時には簡単な知能テストを行います。知能テストにはさまざまな方法がありますが、最も多用されているのは「改訂長谷川式簡易知能評価スケール」です。他にも複数の知能テストを行い、総合的に評価することもあります。これらの結果から認知症が疑われる場合は脳血流シンチグラフィや画像検査(CTやMRIなど)で脳の萎縮の有無や血流の異常を確認し、アルツハイマー性認知症なのか、あるいは脳血管性認知症なのか、またどの程度病状が進行しているのかなどをより詳しく調べます。

改訂長谷川式簡易知能評価スケール

長谷川和夫氏によって考案された評価テストで、認知症を診断するために医療や福祉の現場で幅広く用いられています。20分前後と比較的短時間で簡単に評価できますが、意思疎通の難しい被験者には不向きです。30点満点中20点以下を認知症の疑いありとしていますが、軽度の認知症は平均19.1点、中等度で15.4点、高度で10.7点、非常に高度で4.0点となっています。なお、この正しい施行と診断は専門医に委ねてください。

 

質問内容

配点

1

年齢はいくつですか?
※ 2歳までの誤差は正解とみなす

0  1

2

今日は何年、何月、何日、何曜日ですか?
※ 年、月、日、曜日が正解でそれぞれ1点ずつ

0  1

0  1

0  1

曜日

0  1

3

今いるところはどこですか?
※ 自発的にできれば2点
※ 5秒おいて「家」「病院」「施設」の中から正しい選択ができれば1点

0  1

4

これから言う3つの言葉を言ってみてください。
あとでまた聞くので、覚えておいてください。
1: a)桜 b)猫 c)電車
2: a)梅 b)犬 c)自動車

0  1

5

100から7を順番に引いてください。
※ 100-7は? そこからまた7を引くと? と質問する
※ 最初の答えが不正解だった時は打ち切り

93

0  1

86

0  1

6

これから言う数字を逆から言ってください。
※ 6-8-2、3-5-2-9を逆に言ってもらう
※ 3桁逆唱に失敗したら打ち切る

2-8-6

0  1

9-2-5-3

0  1

7

先ほど覚えてもらった言葉をもう1度言ってみてください。
※自発的に回答があれば各2点
※もし回答がない場合は以下のヒントを与え、正解であれば1点

a)植物

0 1 2

b)動物

0 1 2

c)乗り物

0 1 2

8

これから5つの品物を見せます。それを隠すので、何があったか言ってください。
※ 時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係なもの

0 1 2
3 4 5

9

知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。
※ 答えた野菜の名前を右欄に記入する。
※ 途中で詰まり、約10秒間待っても出ない場合は打ち切る
※ 0〜5=0点、6=1点、7=2点、8=3点、9=4点、10=5点

0 1 2
3 4 5

合計点

/30

ページの先頭へ

認知症と診断されたら・・・

医師から「認知症です」と告げられ、すんなり受け入れられる家族は少ないでしょう。いや、ほとんどの人が嘆き、悲しむはずです。しかし、認知症の一部の症状には薬が有効とされるうえ、病気をある程度遅らせる薬もあります。近い将来には、認知症の予防薬や治療薬だって登場するかも知れません。この病気の一番の課題は患者のみならず、家族や周囲の人間が「認知症」という病をどう理解し、どう受けとけていくかです。希望を捨てずに、認知症という病について考え、立ち向かっていきましょう。

ページの先頭へ
認知症を知ろう!
認知症の家族を介護しよう!
認知症に関するQ&A
脳の元気度チェック

認知症の発症・悪化に影響を与える「歯周病」 専門的な治療を望むなら、歯周病専門がいる山手グリーン歯科医院