• 認知症を知ろう
  • アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症

認知症の約半数を占めるのが「アルツハイマー型認知症」です。治すのは難しい病気ですが、できるだけ早く発見し、適切な治療を受けることで症状を改善させたり、進行を遅らせたりすることができます。早期発見・治療のためにも、まずはアルツハイマー型認知症という病気について知っておきましょう。

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー病は1907年にドイツのアルツハイマー博士によって報告された、認知症の代表的な病気です。脳の神経細胞は誰でも加齢とともに減っていきますが、アルツハイマー型認知症の脳では早期に、なおかつ急激に失われていきます。その原因には多くの仮説があり、未だ明確にはなっていません。ただ、アルツハイマー型認知症を患った人の脳には茶色いシミのようなもの(老人斑)が多く確認されています。これは「βアミロイド」という異常なタンパク質が沈着したもので、単なる老化した脳にもしばしばみられますが、アルツハイマー型認知症患者の脳では比較的早い段階からみられるのが特徴です。老人斑以外にも変化した神経線維の束がみられるようになり、これらが脳全体に蓄積することで正常な脳神経細胞を脱落させ、脳の萎縮が進行すると考えられています。しかし、なぜこのような現象が起こるのかはまだわかっていません。

ページの先頭へ

主な症状

アルツハイマー型認知症の場合、主な症状は「中核症状」と「周辺症状」に分けられます。

中核症状

代表的な症状として「記憶障害」があり、最近の出来事を忘れることからはじまります。一方で古い記憶はよく保たれますが、病気が進むにつれて、それらも失われていくでしょう。他にも場所や日時がわからなくなる見当識障害や判断力の低下、遂行機能障害(仕事を計画的に行うことができないなど)が現れます。

周辺症状

これは中核症状がもとになって起こる症状で、精神症状として徘徊や妄想、幻覚、感情障害としてうつや不安感、無気力などがみられます。徘徊は有名な症状ですが、全ての例に当てはまるものではありません。これらの症状がゆっくりと進行していきますが、日時や接する人によって症状は大きく変化します。

ページの先頭へ
 

早期発見および治療

 

アルツハイマー型認知症は進行性であり、根本的な治療法もありません。さらに記憶や会話、日常生活動作が失われていく「中核症状」をはじめ、徘徊や妄想、暴力行為などが生じる「周辺症状」もあり、他の疾患に比べると本人はもちろんのこと、家族の心の葛藤が大きい病気であることも確かです。しかし、早期発見および治療によって症状が改善され、全体的な進行を遅らせることも可能になりました。また、原因物質とされる「βアミロイド」がたまらないようにする治療も開発されつつあります。進行を抑制することで患者さん本来の天寿を全うすることも可能なうえ、家族にとっては大変苦労の多い局面(失禁や徘徊など)を迎えずに済むことだってあり得るのです。早期発見および治療のためにも、おかしいな・・・と思ったら早めに受診しましょう。そして、認知症と診断されても悲観せず、介護保険などの社会制度を十分に活用し、前向きに取り組むことが大切です。

ページの先頭へ
 

アルツハイマー型認知症が増えている?

 

もともと日本人には「脳血管性認知症」が多かったのですが、近年はアルツハイマー型認知症が増加しています。さて、これは一体なぜでしょう? 脳血管性認知症が減ってきているのは生活習慣病対策や新薬の開発が進んだために血圧がうまくコントロールできるようになり、原因となる病気(脳出血や脳梗塞など)が減ったからです。一方、アルツハイマー型認知症が増えてきているのは「寿命が延びたから」といえます。加齢によって脳の神経細胞が減っていくわけですから、長生きするほど発症リスクが高まるのは言うまでもありません。そのため、男性よりも平均寿命の長い女性に認知症患者さんが多くみられるのです。「人生50年」とされていた江戸時代はアルツハイマー型認知症を発症する確率も1万人に1人くらいだったと想像できますが、今では85歳以上の4人に1人がこの病気を患っています。医学が発達して長生きできるようになった・・・その反面、認知症の患者さんが増えたといってもいいでしょう。

ページの先頭へ
認知症を知ろう!
認知症の家族を介護しよう!
認知症に関するQ&A
脳の元気度チェック

認知症の発症・悪化に影響を与える「歯周病」 専門的な治療を望むなら、歯周病専門がいる山手グリーン歯科医院